パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


釘読みをしっかりと覚えてくださいね。

パチンコを打つ場合には、そのホールの釘調整を
よく見極める必要性があります。


そこでまずは、釘調整のアケシメを
見抜くポイントを簡単に説明してみましょうか?


パチンコ店における釘調整はさまざまで、
それを見抜くためには、同じ店に通うことが
必要最低条件になります。


それには、的を1台を追って、釘調整の変化を
見抜く練習を積むことが大事です。


また、釘を見極めるために特によく出てる台を
追いかけても良いでしょう。


たとえば、羽根物などでセンター始動チャッカーの入賞率がよく、
一日数十回大当たりした台の釘調整をよく把握しておく。


そして翌日もしくはその数日後に同じ台を
打ってみると、センター始動チャッカーの
入賞率がやや悪くなていることがある。


そしてこの時に大事なことがその台のどの釘が閉められた調整で
あるかをチェックするのです。


その閉めた釘がその店で調整される釘の
一部分であると判断できるということになります。


 
CRフィーバー機でも同じように練習すると、
スタートチャッカーの入賞率をどこで釘調整するのかが
段々と読めるようになります。


そしてパチンコホールでは下記のように
釘調整するのが一般的である。


●命釘のみで釘調整する

●誘導釘のみで釘調整する

●命釘と誘導釘の両方で調整する

まぁ、そのホールの釘調整の方針や
やり方にもよりますが、基本は大事です。

 
こればかりは数をこなして、目で馴れていくしかありませんからね。



【釘調整の見抜き方と練習方法について】


例えばですね?


パチンコ店が10店あったら、10店とも釘調整が異なります。

 
それぞれのホールの店長の釘調整にも癖があり
調整方法や釘を障る箇所も微妙に違いますからね。


道で殺す調整を好む店長もいれば、スタートを出来るだけ
回すような調整で出玉を削る調整にする店長など・・・


また一見するとまったく同じように見えても
釘調整自体微妙に異なりますからね。


これは料理の世界でも同じようなことがいえる。


同じ素材や材料を使ったとして、同じ料理方法をしたとしても
調理した人によって味付けが違うので当然味が違います。


これは、釘調整にも同じことが言えるのです。


パチンコホールでは、同じ誘導釘を調整するにしても、
方向や度合いその他の誘導釘との組み合わせ、あるいは

 
命釘の釘調整と、これだけでも数限りなくあります。


そこで、そのホールの味付け、つまり釘調整を
見抜くためには、どの釘を、どの方向に調整するかを
普段から見抜く訓練が必要であります。


ヘソ釘だけなら比較的初心者でもある程度簡単に
見極めれるでしょうが、それが誘導釘と複合的な調整をしてあると、
かなりの練習が不可ですし習得するのに時間が掛かります。


まず、あなた自身でいくつかの台を選び、
その中でもよく回る釘調整の台をピックアップして、
1000円ずつスタート回数回を数え、
1万円で何回デジタルが回るかを数えてみる。


そしてその次に1000円平均で何回デジタルが
回転するのか自分なりに計算してみる。


ボーダー以上をかなり大幅に回る台であれば、
数日の間に釘が締まる調整になるのが予想できます。


その時、どの誘導釘を動かしたかを
記憶しておいて見極める訓練をする。


動いた箇所が発見できたら!?


さらに試し打ちで打ってみるとよいでしょう。


しかし、1000円ではわかりにくいので、
研究のためにもう少し、3000円~5000円程度は
練習のつもりで打つとよいでしょう。


それで平均回転数がどの程度下がるか?

 
これを判断します。


 
その誘導釘にいつも注意して打っていれば、
そのパチンコ店の釘調整のクセ自然と
分かるようになるはずです。


いかがだったでしょうか?


釘読みは数と経験がモノを言います。


 
くじけずに、またちょっとばかり釘が見れないと諦めずに
ひとつでも多く釘を見る癖を付けてみてくださいね。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法



スポンサーサイト

データも大事ですが釘も大事です。

パチンコを打つ場合には、そのホールの釘調整を
よく見極める必要性があります。



そこでまずは、釘調整のアケシメを
見抜くポイントを簡単に説明してみましょうか?



パチンコ店における釘調整はさまざまで、
それを見抜くためには、同じ店に通うことが
必要最低条件になります。


それには、的を1台を追って、釘調整の変化を
見抜く練習を積むことが大事です。


また、釘を見極めるために特によく出てる台を
追いかけても良いでしょう。


たとえば、羽根物で、センター始動チャッカーの入賞率がよく、
一日数十回大当たりした台の釘調整をよく把握しておく。


そして翌日もしくはその数日後に同じ台を
打ってみると、センター始動チャッカーの
入賞率がやや悪くなていることがある。


そしてこの時に大事なことが
その台のどの釘が閉められた調整で
あるかをチェックするのです。


その閉めた釘がその店で調整される釘の
一部分であると判断できるということになります。


CRフィーバー機でも同じように練習すると、
スタートチャッカーの入賞率を、どこで釘調整するのかが
段々と読めるようになります。


そしてパチンコホールでは下記のように
釘調整するのが一般的である。


●命釘のみで釘調整する

●誘導釘のみで釘調整する

●命釘と誘導釘の両方で調整する

まぁ、そのホールの釘調整の方針ややり方にも
よりますが、基本は大事です。


こればかりは数をこなして、目で馴れていくしか
ありませんからね。



【釘調整の見抜き方と練習方法について】


例えばですね?


パチンコ店が10店あったら、
10店とも釘調整が異なります。

 
それぞれのホールの店長の釘調整にも癖があり
調整方法や釘を障る箇所も微妙に違いますからね。


道で殺す調整を好む店長もいれば、スタートを出来るだけ
回すような調整で出玉を削る調整にする店長など・・・


また一見するとまったく同じように見えても
釘調整自体微妙に異なりますからね。


これは料理の世界でも同じようなことがいえる。


同じ素材や材料を使ったとして、同じ料理方法をしたとしても
調理した人によって味付けが違うので当然味が違います。


これは、釘調整にも同じことが言えるのです。


パチンコホールでは、同じ誘導釘を調整するにしても、
方向や度合いその他の誘導釘との組み合わせ、あるいは
命釘の釘調整と、これだけでも数限りなくあります。


そこで、そのホールの味付け、つまり釘調整を
見抜くためには、どの釘を、どの方向に調整するかを
普段から見抜く訓練が必要であります。


ヘソ釘だけなら比較的初心者でもある程度簡単に
見極めれるでしょうが、それが誘導釘と複合的な
調整をしてあると、かなりの練習が不可ですし
習得するのに時間が掛かります。


まず、あなた自身でいくつかの台を選び、その中でも
よく回る釘調整の台をピックアップして、1000円ずつ
スタート回数回を数え、1万円で何回デジタルが回るかを数えてみる。


そしてその次に1000円平均で何回デジタルが
回転するのか自分なりに計算してみる。


ボーダー以上をかなり大幅に回る台であれば、
数日の間に釘が締まる調整になるのが予想できます。


その時、どの誘導釘を動かしたかを
記憶しておいて見極める訓練をする。


動いた箇所が発見できたら、さらに
試し打ちで打ってみるとよいでしょう。


しかし、1000円ではわかりにくいので、
研究のためにもう少し、3000円~5000円
程度は練習のつもりで打つとよいでしょう。


それで平均回転数がどの程度下がるか?


これを判断します。


その誘導釘にいつも注意して打っていれば、
そのパチンコ店の釘調整のクセ自然と
分かるようになるはずです。



いかがだったでしょうか?


釘読みは数と経験がモノを言います。


くじけずに、またちょっとばかり釘が見れないと諦めずに
ひとつでも多く釘を見る癖を付けてみてくださいね。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法





釘師の癖を見抜こう!

新年明けましておめでとうございます。

本年度もひとつよろしくお願いいたします。^^


挨拶はほどほどにいたしまして、

早速ですが、本題に入りたいと思います。


釘師にはいろんな釘調整をする手段があります。

例えば



●ヘソだけで調整するやり方


●スルーや出玉で調整するやり方


●道釘で殺す調整をするやり方



など・・・。

釘師によって釘調整の考え方は違います。



またスタート回数などに関しても



●均等にどの台も同じように回る調整にする

●均等に回る調整をしない

この2つに別れます。

それはそのホールの釘を見ればよく分かります。

まずはそのホールの釘がどういう傾向にあるのかをチェックします。

かといって何も全部が全部をチェックする必要性はありません。



そのホールのメインとなる機種で、ある程度4~5台

ぐらいを常にチェックしておけば大体分かりますから。

それらの台の釘を日々チェックしておけば

上の2つのうちのどれかに当てはまりますから。

また特にそのコーナーの中で一番よく出た台を

翌日チェックするだけでもそのホールの釘調整の思考が分かります。


一番よく出た台が次の日は釘が閉まってるのか?

それとも前日のままなのか?

これをチェックするだけでもそのホールの

釘調整の癖が分かるようになります。

また特に波の荒い機種なんかにも釘師の傾向がよく出ます。

波の荒い機種はハマリもきつい反面、連チャンもすさまじいものがあります。

 

つまりそれだけ基板が暴れる証拠でもあります。



こういう機種の場合

●ある程度スタート調整は一定にしておいて基板任せにするのか?

あるいは

●マメに釘調整を行うのか?

によってホールのその機種に関する扱い方がよく分かるようになります。

こうした釘師の癖さえ見抜けば、次の日に

どういう立ち回りをすべきかが分かります。

いかがでしょうか?


釘師の手の内を読むことで、ただ漠然と打つよりかは

数段勝率もUP↑していくものでありますよ。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



釘読みに関する質問が多いのですが・・・・

釘の見方に関する相談が最近本当に多いのですが・・・・


一応その釘読みの基本をお話しておきます。


釘調整のサイズは0.1ミリ単位でそれを見抜きます。



といっても、人間の目で0.1ミリを見抜くのは到底無理に近いですよね?


ではどのように見抜くのか?ですが・・・・・


『イベントがしっかりしているパチンコ店』では
釘調整したことをお客さんに知ってもらうため、
ヘソを見た目でもわかるように1ミリ位のレベルで開けてきます。


ヘソな1ミリは上から覗くと隊列の


『前ならえ』→『肩幅より広めの前ならえ』


に変わる程度です。



ヘソの上げに関しては、真正面から見て釘の傘みたいな部分の下に
少し棒の部分が見えるかどうか?


盤面横から見た場合はヘソ釘を中心に添え釘や道端と平行かどうか?



また上げか、下げかを見ます。



同じパチンコ店でイベントを利用する場合は
『縦の比較』で、昨日の釘調整との比較をします。



別のパチンコ店でイベントを利用する場合は『横の比較』で、
他店との釘調整と比較をします。


うまく縦、横を使い釘の良し悪しを見抜きましょう。



まずは、多くの店で多くの釘をみて、
スキルアップを積む事が上手くなる秘訣です。



たくさんのホールの釘を知ることから始めて下さい。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




パチンコを打つとき、釘を見ると言いますが・・・・ 

パチンコを打つとき、釘を見る・・・と言いますが、
チャッカーの釘を見ているのですか?


どこの釘がどうなってたら良いんですか??



特に初心者の方にはパチンコを打つ際に
いくら釘読みが大事だといっても中々最初のうちは
よく分からない場合があるかと思います。



ヘソ釘を見るのが基本中の基本ではありますが、
それでもそれ以外にも色々な釘があり区別が付かなかったり・・・・



あるいはどこの釘をどう見たらいいのかが
分からないといったことがあるでしょうしね。


これから釘読みについて説明する前に、
まず台には「ねかせ」といった奥に向かった傾きがあります。



仮に同じ条件で考えて見ましょう。



極端な場合は別で、玉を釘に向かって真上から落とした場合。


上げ釘の場合・・・・・根元に向かって玉が釘にからむ。

下げ釘の場合・・・・・ガラス面に向かってすべり、落ち着きのない球筋となる。



また左右に曲げた場合は広くなった側に玉が流れる。


真上からの条件ですので、これが様々な条件で作用される事になります。



最初に天釘左の「ぶっこみ」にむかって発射された玉は
「寄り釘」の広い側をすりぬけて「風車」に絡むことになります。



この風車の左右の曲げで左に曲げられた場合の方が
「ワープ入り口釘」に入るか?



あるいは「道釘」に導かれて、「命釘」の横の「ジャンプ釘」で
ジャンプしスタートチャッカーに入る事になります。


勿論ステージの個々のくせはあるのですが。



つまり一番大事なことは、玉の流れを見ることなんです。



どの釘がどうなってると玉の流れがどうなるのか?


これを常に観察するクセを付けてください。



それが出来るようになると、案外釘読みは簡単に見れます。



ただ実際のホールのパチンコ台は設置された時から
それぞれのホールで同じ条件はないと思います。



ホールコンのデータを見ながら釘調整を行い、
こうしたいという目標に近づける事になります。



そしてホール側が日々のデータを収集し、
前日・前々日との比較から釘調整を行います。


ただ実際のその台の釘を見て回るかどうかは
やはり結局打ってみないと判らない現実があります。



それで実際によく回る台を見極めるためには、
試し打ちをすることになります。


天釘左側のポイントを変え少しでもよく入る場所を探す。


1000円でどれだけ回るか?



これも各機種や各台によっても、若干のスランプがあり
一様でないところが難しいところも確かにあります。



それで試し打ちしながら自分でよく回るポイントを
出来るだけ早く掴むことが大事です。


この試し打ちの際にもやはり玉の流れをよく見極める
ということが何よりも大事になります。


それで打ちながら、もしヘソが開いてるにも関わらず
思ったほどデジタルが回らないというのなら!?



ストロークの打ち方を変えてみたりします。


それで自分なりの回るポイントを見つけ出します。



案外と弱め打ちで回る時もあれば、
強め打ちの方がよく回る場合もあります。



なので打ちながら実際の釘とのズレを修正していくのです。



最近の台に関していえば、昔に比べて液晶とか役モノとかが
やたらと大きくなり、その分釘の数が昔の台に比べて
少なくなってきてます。



その分、釘を見て台を選ぶというパチンコの醍醐味が
薄れてるようにも思えますが・・・・


それでも釘を見る楽しみはやや少なくなりましたが、
投資金額を抑えつつ当たりを待つ。



これが大事です。



釘読みはまだまだ重要な要素でもあるわけです。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。